エクストラ・スーパータダライズに驚く
激震!エクストラ・スーパータダライズ   >   なぜEDに効果があるのか?

なぜEDに効果があるのか?

なぜ?

ED治療薬は、名前の通りEDを治療する為の薬になります。
ED治療薬を、性行為の1時間〜3時間前に服用することで、勃起しにくい・勃起を維持するのが難しい人の勃起を補助して、性行為をおこなえる硬さにまで引き上げてくれます。
このように、ED治療薬はED患者になくてはならない薬になりますが、その仕組みはどうなっているのでしょうか?
こちらでは、そのED治療薬がどのようにEDに効果があるのかを調べてきました。

ED治療薬は基本、5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)阻害剤と呼ばれる有効成分を中心に配合されております。
ペニスが勃起する際に欠かせないのが、一酸化窒素になります。
この一酸化窒素が神経に作用して、血管を拡張させることで、血流量を増やし、ペニスを硬くして勃起することができます。

しかし、この一酸化窒素の働きで血管を拡張させる環状グアノシーリン酸が増え続けると、ずっと勃起したままになってしまいますので、興奮が収まって射精を終えると、環状グアノシーリン酸を抑制する5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)という酵素が本領を発揮します。
この働きにより、拡張してペニスの血管は元通りになり、勃起も収まります。
これが健康な男性の正常な機能なのですが、ED患者の場合、この働きが鈍い傾向があります。

そのため、環状グアノシーリン酸があまり分泌されることなく、血管拡張うまくいかなかったり、逆に5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)が多くなり、勃起しにくくなるということです。
ここで出番になるのがED治療薬になります。
上記で述べたとおりED治療薬が5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)の働きを阻害して、ペニスに血液を送りやすくすることで勃起の補助をしてくれるのです。